top of page
  • 執筆者の写真木村 俊運 @ 日本赤十字社医療センター

「タクシー運転手がくも膜下出血で事故」はどうやったら防げるか。

更新日:2023年8月19日

タクシー運転手が運転中にくも膜下出血を起こし、歩道に乗り上げて歩行者が受傷、運転手と歩行者1人が亡くなるという痛ましい事故がありました。


くも膜下出血に注目が集まったこともあり、Yahoo個人に記事を投稿しました



個人として「くも膜下出血を防ぐ」方法としては脳ドックは有効な部分があります。

(「本当に治療が必要な人だけを抽出する」のは難しく、COVID-19におけるPCR検査のようなところがあります)


ところで、3月にも同じような事故が、現勤務地の近くでありましたが、同じような事故は時々起こっています。



国土交通省に統計があり、今回のような歩行者を巻き込むような事故以外でも、脳血管障害(脳卒中)による事故が起こっていることが分かります。

くも膜下出血, 未破裂動脈瘤, 脳動脈瘤, 開頭クリッピング術
脳卒中が原因と判明した職業運転手の事故

最近は減ってきていると思いますが、公園などに車を止めて喫煙しているタクシー運転手さんを見かけることがあります。

また深夜帯を含め、長時間緊張を強いられ、睡眠時間も不安定になりがちで、しかも比較的ご高齢の運転手さんも多いことを考えると、脳卒中のリスクが高い職業といえるかもしれません。


もちろん健診が義務づけられており、中には高齢従業員全員に脳ドックを受けさせる、というような事業会社もあるようです(例:つばめ交通)。

しかし、実際に脳MRIを受けて、未破裂脳動脈瘤が見つかった場合でも、過去ブログで述べてきたように対応は一筋縄にはいきません。


それなりに大きい(例えば10mm大)動脈瘤が見つかった場合は、医学的な見地からも治療を勧めることになるでしょうが、それでも治療自体にリスクがゼロではないため、手術を強制するようなものではないと考えられます。

また小さい動脈瘤が見つかった場合に、「では内勤のみに」という対応は現実的ではないでしょう。

「日中の乗車のみに限る」としても、それで大丈夫なのか保証はありません。


また、脳ドックを受けていたにも関わらず、脳ドックの数ヶ月後にくも膜下出血を起こす、ということも実際にはあります。


事業会社が脳血管障害による事故を防ぐためには、健診は大事です。

しかし、やはり車側の安全装置(意識を失うなどの状態を検知して、ブレーキをかけるなど)の開発の方が現実的で重要だと考えます。


(文中意見に係る部分はすべて筆者の個人的見解である。)

最新記事

すべて表示

くも膜下出血を起こさない脳動脈瘤

一般的に大きさ5mmというのが(日本人では)治療を考える上で一つの基準になりますが、サイズが大きめでもくも膜下出血のリスクは高くないという部分もあります。 代表的なものに『海綿静脈洞部内頸動脈』にできる動脈瘤があります。 どうしてくも膜下出血を起こしにくいのか、というかほとんど起こさないのですが、もちろん理由があります。 くも膜下出血を起こす場所ではないからです。 脳は頭蓋骨の内側にあるわけですが

bottom of page