top of page
  • 執筆者の写真木村 俊運 @ 日本赤十字社医療センター

吸引管をどうやって使えるようにするか

更新日:1月31日

以前、脳外科の手術ではバイポーラ凝固(装置)を上手く使うことが、特に脳腫瘍(や脳動静脈奇形)の手術では重要である、という記事を書きました。


それ以上に重要なのは吸引管です。


なにしろ、肉眼で行う手術も含めると、ほぼ全ての脳外科手術で使用する道具です。(当然ですが、血管内手術やradio-surgeryは除外)


術者や助手が持つ細い金属製の管に、陰圧をかけたチェンバーに繋がっているチューブを接続することで、掃除機のように術野にある血液や骨の粉などを取りのぞき、視野を確保する道具です。

この掃除機の役割の他、管になっている部分で脳を抑えて視野を確保したり、陰圧を強くかけることで腫瘍などを「つかむ」働きをしたりします。


視野や作業空間を確保するという、どちらかと補助的な役割ですが、手術が上手い脳外科医は、例外なく吸引管の使い方が上手です。


スパッ、スパッと剪刀(ハサミ)でくも膜をどんどん切っていったり、バイポーラで腫瘍の出血を止血したりするのは目立ちます。

しかし、ハサミで思い切りよく切れる、というのは100%安全な部分だからそうしている訳であり、「どうして100%安全と言えるのか」というと、吸引管で血液や髄液などが無い状態にして、切る対象の向こう側に何も無いことを確認しているからです。

さらに吸引しているだけでなく、くも膜を引いている吸引管の角度を変えることで、光の屈折の仕方などから、(虚脱した静脈ではなくくも膜である)などと確認している訳です。


腫瘍や脳動静脈奇形でいえば、バイポーラが最も有効にはたらく、先端の距離、濡れ具合がありますが、その環境を常に吸引管でこしらえている訳です。


*************


前にも書きましたが、2006年頃に、当時「神の手」と呼ばれていたF先生の手術を見に行った際に

F「脳外科の手術で一番大事なのは何だと思う?」と訊かれ

K「吸引管だと思います」

F「(…)その通り!」とお褒めいただいたことがありましたが、そういうことです。

それくらい吸引管の使い方というのは大事なわけです。


*************


しかし、この吸引管に習熟するのはなかなか難しいのです。


例えば、ハサミ(マイクロ剪刀)や、バイパスの練習は卓上顕微鏡でできるのですが、吸引はそういうわけにいきません。

(内視鏡学会の血腫除去講習会では陰圧を用意できているので、方法が無いわけでは無いのでしょうが、それでも吸引する対象をどうするか?講習会みたいにコーヒーゼリー&トマトジュースをいちいち準備するのももったいないですし。)


しかしながら、間接的ではあるものの練習方法はあるし、どの手術でも使う道具なので、意識の持ち方によっては、修練可能な部分もあります。


まず、1つめは「左手(非利き手)で食事する」ということです。


以前にも書きましたが、利き手交換をして、非利き手である左手(以下、左手)の器用さを上げることです。

脳外科を選択する人の多くは、「自分は他人より器用だ」と思っている人が多いですが、両手が同じように使える人は多くはありません。

(自分の内視鏡の師匠は矯正された左利きで、ものすごい器用でしたが)

左手で箸が使える程度にでも使えるようになると、吸引管だけでなく、剪刀を含めていろいろ便利なことが増えます。


また、半側空間無視の反対ですが、左側に意識が向かいやすくなるというメリットもあるので、吸引管のには有効だと考えています。

(と、若いDr.に言っても実際にやる人はごく一部なのですが)


*************


実際の手術シーンでもできることはあります。


助手で手術に入っても、片手は吸引を担当することが多いはずです。

その際も、単に太い吸引管で場にある全てのモノを吸引除去するのではなく、少し細い吸引管に変えて、(液体は吸引するけど、骨粉は吸引しないようにして管が詰まらないようにする)などとやってみることです。

微妙に吸引圧をコントロールすることで可能になります。


硬膜外血腫でも、吸引圧をコントロールして、自分が取りのぞこうと思った部分の血腫を、思った通りに取り除く、というのが大事です。

毎回(血腫が見えた、はい全閉(吸引圧全開))ではカタルシスはあっても成長はありません。

吸引管の先端が何かに接触する度に”チュパッっ”みたいな音をさせているようでは、繊細な手術は無理です。


*************


「頭文字D」という車の漫画で、「アクセルを32段階くらいにコントロールするんだよ!」みたいなシーンがありましたが、まさにあれです。


128段階くらい調節するくらいで集中すべきなのです。



相手はひとの脳なんだから。


*************


またくも膜下出血などでSylvius裂を開放する機会を与えられることがあるかもしれません。その際、両手にゼロピンを持ってくも膜を裂いていく、という操作も、まあやっても良いとは思います。

しかし、そんなことは卓上顕微鏡で練習できる訳です。


きっかけとなるM4が確保されて、その周りのperi-vascular cisternと呼ばれるスペースが得られたら、短く細い吸引管に替えて、吸引管の側面でretract する方が、余程勉強になります。


もちろん患者さんに不利益があっては元も子もないですが、チャンスが与えられたのなら、その場でしかできないことで、次に繋がることは何か、とシミュレーションしておくのも大事です。


(文中意見に係る部分はすべて筆者の個人的見解である。)


最新記事

すべて表示

くも膜下出血を起こさない脳動脈瘤

一般的に大きさ5mmというのが(日本人では)治療を考える上で一つの基準になりますが、サイズが大きめでもくも膜下出血のリスクは高くないという部分もあります。 代表的なものに『海綿静脈洞部内頸動脈』にできる動脈瘤があります。 どうしてくも膜下出血を起こしにくいのか、というかほとんど起こさないのですが、もちろん理由があります。 くも膜下出血を起こす場所ではないからです。 脳は頭蓋骨の内側にあるわけですが

フローダイバーターステントのリスク・合併症

フローダイバーターステント(以下FD)に関して、ご相談を受ける機会があり、「インターネットで調べたけど、合併症の話はあまり書いていなかった」というご意見をうかがいました。 自分は開頭手術専門で、動脈瘤についてはクリッピング(必要ならバイパス手術)を行っているだけなのでバイアスがありますが、FDの合併症については医療文献を調べれば分かるものの、非医療者の方には難しい場合もあるので、書いておこうと思い

bottom of page