top of page
  • 執筆者の写真木村 俊運 @ 日本赤十字社医療センター

独立性の検定 (R)

更新日:2018年5月3日

備忘のため。


論文を書く際、患者背景などに関して独立性の検定を行うことがある。


その時、χ2検定やFisher直接確率検定(期待値に5未満の要素がある場合)を用いる。

データ自体はexcelに入れてあることが多いが、excelでは統計の演算をするときは若干面倒、だがRでは超簡単。



2x2表の検定であれば、

> chisq.test (matrix(c(10,20,30,40), ncol = 2, byrow = T)

; matrix関数でncol(列数)2列の行列を作る。その際byrow = Tで要素を左から右に並べている)


もしくは

> x <- matrix (c(10,20,30,40), ncol =2, byrow =T) ;

> chisq.test(x)

と入れると出る。

R, 独立性の検定
実際の出力

Fisher直接確率検定は

> y<- matrix(c(4,8,20,25), ncol = 2, byrow = T)

> fisher.test(y)


と入れると出る。


初歩的な話ですみません。


最新記事

すべて表示

くも膜下出血を起こさない脳動脈瘤

一般的に大きさ5mmというのが(日本人では)治療を考える上で一つの基準になりますが、サイズが大きめでもくも膜下出血のリスクは高くないという部分もあります。 代表的なものに『海綿静脈洞部内頸動脈』にできる動脈瘤があります。 どうしてくも膜下出血を起こしにくいのか、というかほとんど起こさないのですが、もちろん理由があります。 くも膜下出血を起こす場所ではないからです。 脳は頭蓋骨の内側にあるわけですが

bottom of page