top of page
  • 執筆者の写真木村 俊運 @ 日本赤十字社医療センター

脳動脈瘤の検査

更新日:2023年8月9日


脳動脈瘤の診断に用いられる検査には、MRA (MR angiography, MRIによる血管検査ということ)、CTA (CT angiography, CTによる検査)、DSA(カテーテルによる検査)があります。

それぞれの検査に長所・短所があり、必要に応じて使い分けます。


未破裂動脈瘤, 開頭クリッピング術, コイル塞栓術, 脳動脈瘤
脳動脈を調べる検査の利点・欠点

MRAは通常、造影剤を用いず、放射線による被曝もないことから、もっとも患者さんの身体には優しい(負担が少ない)とされています。一方、血管の壁ではなく、中を流れる血流の速さを見えるようにしているため、正確な形が分かりにくいなどの欠点があります。


(三叉神経痛などでよく用いられる脳槽や神経を見る条件があり、それを用いると動脈瘤の外径や、細い枝・神経との関係、癒着具合が分かり、手術前の評価に有用という論文を2011年ころに書きました。今でも実際有用で、形もよく分かります。)


*************


一方、解像度(どれくらい細かいところまで分かるか)という点ではカテーテルを用いたDSA検査が最も詳しく分かります。しかし、動脈からカテーテルを挿入して、頚動脈から造影剤を流すということもあって、脳梗塞や、検査後の動脈からの出血などのリスクもあり、入院での検査になることが一般的です。


造影剤を用いる検査ではありますが、見たい動脈だけを選んで、少量の造影剤で撮影することが可能なので、腎臓のはたらきが悪く、できるだけ造影剤を使いたくない場合にも、カテーテル検査を行う場合があります。


リスクがある検査であり、開頭手術で"どうしても"必要なことはあまりないので、当院では省略することが多いです。

大型の動脈瘤などで、頚動脈を長時間止める必要がある場合には、止めても自然なバイパス血管があるのかどうか=後遺症に繋がらないか、を調べるために検査させていただく場合もあります。


*************


CTAは、DSAまでの解像度はないですが、動脈瘤の形状や、頭蓋骨との位置関係、石灰化の有無など、MRAよりも詳しい情報が得られ、DSAと同じく造影剤は使いますが、静脈からの投与なので、外来で検査ができるというメリットがあります。


(当科では、治療が必要ない小さい動脈瘤などはMRAで経過を見て、変化が見られたり、治療する場合にはCTAを撮影するようにしています。(開頭手術の場合))


(文中意見に係る部分はすべて筆者の個人的見解である。)


*************


このCTAは、DSAよりも造影剤を多く使うのですが、撮影する時間を長くすることで、動脈瘤の拍動を映し出すことができます。


2004年に藤田保健衛生大学の加藤先生らが報告しており、おそらく壁の薄い部分が拍動しているはずで、手術するかどうかを決めるのに役立ちそうではあります。


しかし、大きな欠点があって、最近のCTは被曝量が減ってはいますが、同じ部分に比較的長時間、放射線(X線)が当たるため、脱毛が起こることがあり、一般的には行われません。(当科でも行っていません)


この、3次元の画像に「時間」の要素を加えた4D-CTで、不規則な拍動がくも膜下出血と関連しているのではないか?という研究があって、そのために書き始めたのですが、あまり面白い論文ではなかったので論文紹介は没にしました。


*治療をお勧めする未破裂動脈瘤についてはこちら


最新記事

すべて表示

くも膜下出血を起こさない脳動脈瘤

一般的に大きさ5mmというのが(日本人では)治療を考える上で一つの基準になりますが、サイズが大きめでもくも膜下出血のリスクは高くないという部分もあります。 代表的なものに『海綿静脈洞部内頸動脈』にできる動脈瘤があります。 どうしてくも膜下出血を起こしにくいのか、というかほとんど起こさないのですが、もちろん理由があります。 くも膜下出血を起こす場所ではないからです。 脳は頭蓋骨の内側にあるわけですが

bottom of page