top of page
  • 執筆者の写真木村 俊運 @ 日本赤十字社医療センター

視覚はヒトの情報入力の8割 (?)

更新日:2019年1月19日

ヒトは視覚から多くの情報を得ている。

上記タイトルは、そのことを端的に表していて、医学部生の頃から「さもありなん」と単純に思っていた。


Twitter上で流れてきた論文 (日本語)




引用『「視覚8割説」は広く取り上げられる割に、具体的数値算出の根拠を示した文献が示されないまま、その言説が広く流通している例の典型である」』


いろいろ勉強になる論文だが、その手の出典の問い合わせをまとめたQ&Aサイト「レファレンス協同データベース」というものがあるようだ。

それによると、「視覚8割説」の根拠として2つの文献にたどり着くという。

(その1つは「屋内照明のガイド」)


また視覚の優位性に関する神経生理学的な根拠としては、1970年代の論文。

(各感覚器官の神経細胞の数) x (単位時間の神経細胞のspikeの回数)

から脳への入力を算出するというもの。

感覚細胞の分布密度は5感それぞれで異なるが、数えられる(推定できる)数値であり、spikeの回数も数えることができる。


相対評価としては視覚が80-90%を占めるということだが、読速度や聴覚の言語理解に関する実験からは、脳が実際に処理できる情報量は視覚40 bit/秒、聴覚 30 bit/秒ということ。

つまり、入力される情報量 (=10の8乗-9乗 bit/秒)の100万分の1しか利用していないということになる。


結局、入ってくる情報の大半は無意識下に処理され、エッセンスだけが抽出されているのだろう。


それでは無意識下で処理された、あるいは失われた情報はどうなるのだろう?


フォトリーディングⓇという速読法では、この無意識下の情報が記憶に残っているという立場だが、個人的な経験では、自分の利用可能な記憶領域にはほとんど残っていなさそうだった。


機械学習でも次元削減のような事が行われているが、余計な情報が残っていると、生物学的にはエネルギーの無駄になるはずだ。

視野に「捕食者が写っている」とか、「崖が近い」などの情報以外は、我々のHunter-Gatherer脳からは失われている可能性が高いのではないだろうか。


ちなみに論文中で触れられているように、ヒトは脳の10%しか用いていないというのは神話です。


(文中意見に係る部分はすべて筆者の個人的見解である。)

最新記事

すべて表示

くも膜下出血を起こさない脳動脈瘤

一般的に大きさ5mmというのが(日本人では)治療を考える上で一つの基準になりますが、サイズが大きめでもくも膜下出血のリスクは高くないという部分もあります。 代表的なものに『海綿静脈洞部内頸動脈』にできる動脈瘤があります。 どうしてくも膜下出血を起こしにくいのか、というかほとんど起こさないのですが、もちろん理由があります。 くも膜下出血を起こす場所ではないからです。 脳は頭蓋骨の内側にあるわけですが

bottom of page