top of page
  • 執筆者の写真木村 俊運 @ 日本赤十字社医療センター

未破裂脳動脈瘤の出血率は1%? (2)

更新日:2020年6月20日

われわれの調査では、電子カルテに2000年から2009年に「未破裂脳動脈瘤」に関連する病名で登録されていた患者さんのうち、実際に動脈瘤があって、形状・大きさが確認できた人、722人を抽出。2014年末時点に、動脈瘤の状態がどうなっていたかを調査しました。(カルテ、電話、手紙による調査)。

その結果、19人の方が、CTなどでくも膜下出血と診断されており、そのうち7人が亡くなっていました。人年法という従来の報告と同じように、年間の出血率を計算すると、1年間の出血率は0.57%という結果でした。


未破裂脳動脈瘤

これはUCAS Japanの0.95%と比べてかなり小さい値です。


*******************


ところで、国立病院機構が行った、「5mm未満の動脈瘤を手術せずに経過をみた研究(SUAVe研究)」があります(Sonobe ,2012)。


日本では従来、「5mm以上の未破裂動脈瘤は治療を検討する」とされていました。

そこで、「治療を検討する必要が必ずしも、無かった」5mm未満の動脈瘤については、“全例を”手術せずに経過を見ることが可能だったわけです。


この結果は、374人の動脈瘤を持つ患者さんが登録され、そのうち7人が観察期間(平均41ヶ月)中にくも膜下出血を起こしました。やはり人年法で出血率を計算すると、ひとりの人が1つだけ動脈瘤を持っている場合、年間出血率0.34%でした。

つまり、このグループでは「一人のくも膜下出血を防ぐために年間300人の患者さんを治療する必要がある 」ということです。

(この研究でも、観察中に増大した動脈瘤などは治療されていますが、後で述べるようなバイアスが最も少ない研究だと思います。)


*******************


我々の結果(出血率=年間0.57%)というは、UCAS Japan研究の結果よりも、このSUAVe研究の結果に近いものでした。

では、年間の出血率が6.9%という研究報告もあるのに、同じ人種で10倍以上出血率が異なるのはなぜでしょう?


*******************


UCAS Japan研究が始まった頃、「自然歴を調べるといっても、リスクが無視できない動脈瘤は治療されるのにどう解析するの?」「そんなことできるの?」という議論があったように思います。


しかし、6000人近い患者さんのデータを元に、超一流誌New England Journal of Medicineに掲載され、結果も0.95%と、巷間言われていた値(1%)に非常に近いものだったこともあり、この結果は、出血率の表とともに広く利用されています。

未破裂脳動脈瘤,出血率
動脈瘤の部位・大きさ別の出血率

では、研究開始当初の外部からの疑問、「リスクが無視できない動脈瘤は治療されるのにどう解析するの?」は解決されたのでしょうか?


答え:解決されてませんでした。



Reference:

1. Sonobe M, Yamazaki T, Yonekura M, Kikuchi H. Small unruptured intracranial aneurysm verification study: SUAVe study, Japan. Stroke. 2010;41(9):1969-77. doi: 10.161/STROKEAHA.110.585059. Epub 2010 Jul 29.


*ちなみに治療をお勧めする動脈瘤についてはこちら

最新記事

すべて表示

くも膜下出血を起こさない脳動脈瘤

一般的に大きさ5mmというのが(日本人では)治療を考える上で一つの基準になりますが、サイズが大きめでもくも膜下出血のリスクは高くないという部分もあります。 代表的なものに『海綿静脈洞部内頸動脈』にできる動脈瘤があります。 どうしてくも膜下出血を起こしにくいのか、というかほとんど起こさないのですが、もちろん理由があります。 くも膜下出血を起こす場所ではないからです。 脳は頭蓋骨の内側にあるわけですが

Comments


bottom of page