top of page
  • 執筆者の写真木村 俊運 @ 日本赤十字社医療センター

天気頭痛

更新日:2023年8月9日

先日、Yahoo!個人に「低気圧で頭痛」なぜ起きるか医師が解説」という記事を書いた。



天気が悪かったり、悪くなりそうなタイミングで頭痛が起こったり、調子が悪くなったりする方はとても多くて、記事でも書いたように、日本全国で1000万人くらいいるらしい。


頭痛はその訴えで一番多く、必然的に脳外科の外来でも頻繁に遭遇する。





一方、気候をはじめ、外部の環境が身体に影響をおよぼすのは当たり前、というのが中医学や漢方の考え方のようであり、典型的な患者さんでは漢方薬がよく効くのも確かだ。


気圧の変化に敏感な人では、身体の水分バランスの不調があり、これが気圧の変化に対して敏感にしているらしい。


具体的な薬を挙げるのは問題があるものの、この水分バランスの不調を整える五苓散という薬は、典型的な天気頭痛の患者さんでは非常に効果があるので、医師に相談するとよいかもしれない。


ただしこのような利水薬(水分バランスを整える薬)も対症療法であって、バランスが悪くなる理由がある。

つまり、夏場に冷たいモノばかり食べたり飲んだりしたことで、胃腸が弱ってしまい、その結果として、水分の吸収・排泄がうまく行かなくなってしまうということ。



暴飲暴食とまではいかなくても、胃腸が弱っていることはあり、その具合に耳を傾け、いたわってあげることも大事です。



(文中意見に係る部分はすべて筆者の個人的見解である。)

最新記事

すべて表示

くも膜下出血を起こさない脳動脈瘤

一般的に大きさ5mmというのが(日本人では)治療を考える上で一つの基準になりますが、サイズが大きめでもくも膜下出血のリスクは高くないという部分もあります。 代表的なものに『海綿静脈洞部内頸動脈』にできる動脈瘤があります。 どうしてくも膜下出血を起こしにくいのか、というかほとんど起こさないのですが、もちろん理由があります。 くも膜下出血を起こす場所ではないからです。 脳は頭蓋骨の内側にあるわけですが

Comments


bottom of page