top of page
  • 執筆者の写真木村 俊運 @ 日本赤十字社医療センター

EANS2018 ②

一番大きな会場で教育をテーマとして、hyper-specializationというか、sub-specialityの話があった。


脳神経外科というのは、おそらく世の中的には「外科」のなかの一専門分野と思われているだろうが、医学界では内科、外科と並んで主要な科(?)とされている。


なので、本邦の研修においても初期研修の後、脳神経外科の専修医となり、初期研修→外科を回った後に専門が始まる(?)心臓外科とは異なっている。


それだけ脳外科が扱う領域が広いということでもあるのだが、各領域についての知識が深まり、治療法が洗練されるに従って、各領域をより深く理解することが問題になる。


しかしもちろん脳外科医を名乗る以上は、脳外科全般の知識も必要ということで、特に限られた研修期間をどう割り振るかということは、どこの国でも問題になっているようだ。


ただし、タイトルには書いていなかったが、このセッションは小児脳神経外科領域の話で、そのせいもあるのか、あるいは朝1番だからか、参加者はまばらであった。


pediatric neurosurgery, 小児脳神経外科
ディスカッションの様子

やや意外だったのはヨーロッパでも、小児脳神経外科はあまり人気がないということだった。

その理由として、日本と同じく患児だけでなく親への対応が大変だったり、給料が安かったり、なにより患児が亡くなったときのダメージが大きいということを挙げていた。


ただ、小児は患者の「先が長い」ので、手術によって提供できる価値が大きい、ということが小児ならではの魅力であると言っていた。


これは一理あるが、では小児の病気は小児脳外科専門医が全て手術するのか?というと議論のあるところだ。

例えば小児の脳腫瘍を小児専門の医者が切る方がいいか、それとも脳腫瘍の専門家が手術する方がいいか、という点においては日本の脳外科病院の多さを考えると後者だと思っている。


発表者の結論としては、小児脳外科の研修で学ぶべきことは、水頭症の急性増悪、脳卒中などの救急対応と、一般的な治療適応に関する知識ということだった。


あとはそのために、いろいろな研修コースを設けて、「上手くいってますよ」という話と理解した。(この手の、自画自賛的発表が多いのもEANSの特徴か?)


パネルディスカッションでは、発表したオピニオンリーダーの他に、女性のドクターが3人そそくさと現れ、「ベルギーのように小規模な施設がたくさんある国と、集約化が進んでいる国では前提が異なるから、そこから議論を始めないといけないわよ」みたいな「そもそも論」を理路整然と話し始めて面白かったが、結局は国別に考えないと仕方ない、という結論だったと思う。


ちなみに自分は小児専門ではないが、周産母子・小児センターなので身近に小児の患者を見ているが、少なくとも都内では水頭症の緊急事態と脳卒中に対処できれば、後は専門家に任せるのが一番良さそうだ。


(文中意見に係る部分はすべて筆者の個人的見解である。)

最新記事

すべて表示

静脈も三叉神経痛の原因になる!?

三叉神経痛はヒトが経験する痛みの中でももっともひどい痛みと言われるが、動脈が三叉神経を圧迫して起こることが多い。(その他、脳腫瘍が圧迫して起こることもある。) 三叉神経の周りには静脈もあるが、「静脈が三叉神経痛の原因になるか?」が神経減圧術学会で話題になる。 特に学会の重鎮である関西の御大が、「三叉神経痛は、動脈が偏位してきて圧迫するようになって起こるもの。静脈は生まれつきそこにあるものなんだから

第21回 日本脳神経減圧術学会

第21回 日本脳神経減圧術学会に参加してきた。 片側顔面痙攣や三叉神経痛の手術は、手技的にはかなり確立されているので、毎年開催しても新規性という点では得るものは少ないかもしれない。 しかし、たとえば学会や論文で発表されないようなトラブルの話(=最も役に立つ情報)などは、立ち話でしか手に入らないこともあるので、参加する意味はある。 幸い今回は都心での開催であったため、午前中のみ参加した。 *****

Commentaires


bottom of page