top of page
  • 執筆者の写真木村 俊運 @ 日本赤十字社医療センター

水分補正はポカリor OS-1?

この炎天下、高校野球(と観戦)で熱中症というニュースが出ているが、Medical Tribuneで取り上げられていた論文。



炎天下で運動する際、スポーツドリンク(Gatorade Thirst Quencher)と経口補水液(DripDrop) のどちらが体液の減少を防げるかという論文。

日本で考えると、ポカリスエットとOS-1のどちらがいいでしょう?ということだろう。


スポーツドリンクと経口補水液では、そもそも使用目的が違うので、ナトリウム濃度やカロリーが異なる。


脱水補正, スポーツドリンク,経口補水液
スポーツドリンク vs 経口補水液

しかし、運動しなくても、お腹の調子が悪くて脱水気味なときにOS-1を飲むかというと、手に入りやすさも影響するけれど、多くの場合はポカリスエットなどのスポーツドリンクを飲むのではないだろうか。


この研究では、消防士の防火服を着込ませて、39度、30%の温室で一定強度の運動(ランニングマシン)をさせるというもの。

その前後で裸で体重を量り、かいた汗の1.5倍量のスポーツドリンクもしくは経口補水液を飲んでもらい、体重の変化・尿量・血液の濃さを測定した。


結論としてはスポーツドリンクと経口補水液のどちらも統計学的に有意な差はなく、どちらを飲んでも変わりはないということだった。


脱水補正, 経口補水液,スポーツドリンク

あまりこの手の若者を診察することはなく、高齢の方の熱中症だとどっちがよいだろう?と思って読んでみたのがきっかけであるが、研究の対象が180cm、80kg超の”physically fit”な若者だったので、フレイルな高齢の方にそのまま応用できる話ではなかった。

しかも、水分の摂取は「一気に飲む」という条件なので、ますます応用できない話。


ホメオスタシスが保たれている人なら、スポーツドリンクと経口補水液の差程度は全くの誤差ということだろう。


そうでないご高齢の方は、手間でも、トイレが近くなっても、スポドリでも経口補水液でもちびちび飲んでいただくのが、この夏を乗り切るためには必要と考えられる。

ただし、Introductionで、Na+が入っている方が、体液として蓄えることが出来るのに加え、水を飲むことを促す作用があるとのこと。ただの水よりはナトリウムの入ったスポーツドリンクや経口補水液を飲む方が良いだろう。


(文中意見に係る部分はすべて筆者の個人的見解である。)

最新記事

すべて表示

くも膜下出血を起こさない脳動脈瘤

一般的に大きさ5mmというのが(日本人では)治療を考える上で一つの基準になりますが、サイズが大きめでもくも膜下出血のリスクは高くないという部分もあります。 代表的なものに『海綿静脈洞部内頸動脈』にできる動脈瘤があります。 どうしてくも膜下出血を起こしにくいのか、というかほとんど起こさないのですが、もちろん理由があります。 くも膜下出血を起こす場所ではないからです。 脳は頭蓋骨の内側にあるわけですが

bottom of page